風俗の仕事は甘くない

風俗の仕事って楽していっぱい稼げるんでしょ?と思っている人が多いけど現実はそんなに甘くない、風俗のお店で働く女の子たちは、ほかのお仕事の何倍もの高収入をもらえるのと引き換えに、まわりの人たちには言えないような苦労をしていることも事実なんです。

 

どうせ風俗の仕事をしている女の子なんて、スケベな男性たちを相手にHなサービスをしていれば、それだけでガンガン稼げるんだろうと思っている人が多いと思いますが、風俗の仕事ってまわりで見ているほど楽でも簡単でもないってことを知っておいてください。

 

風俗の仕事が高収入を稼げるということはたしかに事実ですが、実際に風俗嬢として働いてみて分かったことは、人よりも高いお給料を稼げるということはそれなりに苦労をすることもあるということなんです。

 

風俗の仕事イコール楽して大金を稼ぐことができるという人はぜひ一度風俗のお店に入店してナンバーワン風俗嬢になってからにしてもらいたい、これは風俗の仕事をしている女の子なら誰でもそう思っているんじゃないかな。

 

どうせ風俗の仕事をしている女の子なんて、見た目が可愛いだけで将来のことなんか何も考えていなんだろう、とある男性客(相当酔っ払っていた)に言われてしまったことがありますけど、はっきり言って毎日会社で適当に仕事をしているだけのオジサンたちより、自分の将来についての計画をきっちり持っている人が多いんですよ。

 

いつか自分のお店を持つために、風俗のお仕事で開業資金をためている人とか、海外に留学するための学資を作るために、一年限定で風俗嬢として働いている女の子がいたりするって聞いても信じてもらえないかも知れないけど、自分の夢を持っている女の子が多いのは短期間でガッツリ稼げる風俗のお仕事だからこそなのではないでしょうか。

 

このあいだ同じお店で働いている女の子同士で遊びに行った時に、風俗のお仕事をしていて一番キツイことって何だろう?というテーマでオシャベリしていた時には、お酒に酔った男性客の相手をしていると自分が堕ちる所まで堕ちた感じがしてイヤで仕方がないという意見や、好きでもない男性客に本番行為をせがまれるのが苦痛だという意見などがありました。

 

でも風俗のお仕事をしている以上は、男性のイヤな部分を目にするのはある意味仕方のないことです、それにせっかく高いプレイ料金を支払って指名してくれているんだから、相手をする風俗嬢の女の子だってある程度はガマンすることも必要です。

 

実は現役の風俗嬢たちが感じているキツイことというのは、「風俗のお仕事をしていることを、家族やまわりの人たちに内緒にしていないといけない」ということだったんです。

 

女性の皆さんならきっと分かってもらうことができるんじゃないかと思いますが、仕事でなにかイヤなことがあったり悲しいことがあった時に、誰かに話を聞いてもらえるだけで気持ちが軽くなることってありますよね。

 

でも、自分が風俗のお仕事をしていることを、家族やまわりにいる人たちに内緒にしなければいけない事情がある女の子は、誰にも相談することができずに一人で悩んでしまうことになってしまうことになってしまうのは珍しいことではありません。

風俗の面接を受けて驚いたこと

はじめて風俗の面接を受けた時のことを思い出すと、よくあんな状況で逃げ出さなかったものだと感心してしまいます、というのも、わたしが面接を受けに出かけた風俗店では、求人に応募してきた女の子は誰でも面接で採用されることが決まったら、そのまま実際にお店に出て男性客の接客をすることになっていたからなんです。

 

他の風俗店で働いた経験がある人ならそんなの普通だって思うかも知れないけど、それまで風俗の仕事なんかするとは夢にも思っていなかったから、最初は面接を受けるだけ受けてあらためて考えようと思っていただけだったので、面接で色々聞かれた後「それじゃぁ体験入店の前に研修をするから」と店内の個室に連れて行かれた時は驚きました。

 

「間違いない!このままじゃレイプされてしまう!」と思いこんでしまっても不思議ではない状況の中、お店のスタッフの対応がテキパキしていたこともあり半信半疑のまま、自然に洋服を脱いでお店の制服(ピンクのランジェリー(笑))に着替えていました、もっとも万が一の時にはすぐに逃げ出してしまおうと緊張していたのは言うまでもありません。

 

「じゃあ回転まであまり時間もないから早速始めましょうか」とお店の店長らしい人に言われて、いよいよレイプされると思って体を固くしていたら、その個室に若くてとっても可愛い女の子が入ってきたんです、実は風俗の研修って男性スタッフや店長が指導してくれるのではなく、先輩の風俗嬢が手取り足取りで風俗店で行われているプレイを教えてくれることだったんですね。

 

いくら相手が女の子でも風俗のプレイを実際に教えてもらうのは恥ずかしかったけど、研修を始める前に「わたしもお店に入った時はなんにも知らなかったんだから頑張ってね」と言われて、この時指導してくれた先輩風俗嬢に一生付いて行こうと決意したいくらい、感動して泣きそうになってしまいました。

 

わたしが面接を受けた風俗店はいわゆる性感ヘルスというお店で、男性客の体をマッサージしたりするプレイがメインだったので、こっちの体力がもつだろうかと心配になり指導してくれていた女の子に言うと、どうせマッサージをしている途中で男性客がムラムラしてくるから心配ないとのこと、う〜ん、このあたりの感覚は実際に風俗嬢になって男性客を接客してみないと分からないことですね。

 

また、やっぱり風俗のお店だから性的なプレイは当然やらなくてはいけません、それほど男性経験があるわけじゃないわたしにでもできそうだと感じたのは、指導してくれた先輩風俗嬢が上手だったのかも知れませんね。

 

それでも、その後お店で男性客の指名をつけてもらって、ちょっと前に教わった通りのプレイで男性客が満足して次回は指名すると言ってくれたのにはもう一度感動してしまいました、やっぱり最初の風俗研修で親切に指導してくれたのが、安心して風俗の仕事を何とかスタートさせることができた理由だったんですね。

イケメンよりブサメン

風俗のお店に遊びに来る男性客には普段あまり若い女の子と触れ合う機会が少ない人が多いから、ちょっとくらい面倒な男性客の指名をもらったとしても、お金が欲しいと思ったらそこはガマンしなきゃいけない、と新人風俗嬢として入店した時に店長に指導されました、でも、実際に風俗の仕事を始めてからそんなにイヤな思いをした経験はありません。

 

もっとも接客のプロとして男性客の相手をしている風俗嬢だって、男性客の中には自分の好みのタイプの人がいないわけじゃないのは事実ですけど、そのためにサービスの内容を変えたりすることは絶対ないし、お店で決められたプレイを手抜きするようなことはありませんから、これから風俗のお店に言って女の子を指名しようとしている男性たちは安心してください。

 

ただし、自分の好みの男性客が相手の時には、普段はNGに指定している生フェラや素股プレイなんかの過激なプレイでも、相手の要求次第では思い切ってやっちゃうことがあるかも知れませんね、あっ!当然ですけど、いくらお気に入りの男性客にお願いされたとしても、お店で禁止されているプレイヤ本番行為だけは絶対にやりませんから念の為。

 

ところで男性の皆さんに聞いてみたいんですけど、風俗のお店で遊ぶときにはやっぱりイケメンの遊び慣れた男性客のほうが、普段風俗のお店に出かけたことのないブサメン男性客よりも、風俗嬢の女の子にモテるんじゃないかと思っていませんか?
風俗のお店で働いている女の子にとってイケメンの男性は、普段から女の子の扱いに慣れているから一見モテそうだと感じますが、実際はイケメンの男性客はプライドが高くて風俗嬢の女の子を見下す傾向があるために、本人はどう思っているか分かりませんけどそれほどモテるというわけじゃないみたいなんですよ。

 

せっかく風俗のお店に遊びに来たのに相手の女の子と楽しむことよりも、自分さえ気持ちよければそれでいいという人とか、自分にしか興味がないナルシストが多いのもイケメン男性に多い特徴です、これでは普通の女の子の何倍も男性と接してきている風俗嬢の女の子にモテるはずがありません。

 

それに対してブサメンの男性客は自分の見た目に自身がないだけに、とにかく相手の女の子に気に入られたいという気持ちが強いので、お客として来店したのに相手の女の子を盛り上げる努力を欠かしません、普段からいろんな男性客を相手に頑張って接客している風俗嬢にとっては、とにかく一緒にいて楽しいと感じさせてくれるブサメン男性がモテるのもうなずけます。

 

よく「どうしてあんなに可愛い女の子が、ブサイクな男性と付き合っているんだろう?」と不思議に思うことがありますけど、それだけブサメン男性には相手を楽しませてあげようと一生懸命な男性が多いということなんでしょうね。